May_1993

WHAT'S MAY

1993年結成。大阪を拠点に、東京・韓国でも作品を上演。
演劇の他、ライブハウスでのパフォーマンス等の活動も行う。
脚本・演出を座長である金哲義が手がけ、新宿タイニイアリス主催の『アリスフェスティバル』にて、Alice賞を3度受賞。

2011年3月、日本演出者協会主催・若手演出家コンクール2010にて、金哲義が最優秀賞及び観客賞を受賞。
同年9月、應典院舞台芸術祭 space×drama2011にて優秀劇団に選出。

e-mail:
may-1993@abox.so-net.ne.jp

Twitterボタン  

 May Facebookpage

詳細 >>

member

■Member SNS■

May・稽古場日誌

金哲義 : デペイズマンの蜃気楼

Twitterボタン  KIM Facebook

木場夕子 : ゆうじの怒り肩日記

Twitterボタン  Yuji Facebook

田中志保 : 暢気眼鏡

Twitterボタン  Shiho Facebook

柴崎辰治
: B級エレガント

Twitterボタン  Shiba Facebook

倉畑和之 : 6月6日にUFOが・・・

 Kurahata Facebook

宇仁菅綾 :うにっき

Twitterボタン  aya  Facebook

中野π子 :   おマメさんツマメますか?

Twitterボタン  paiko Facebook


名誉顧問 高橋秀夫:
 http://pfman.syncl.jp

Twitterボタン  Hideo Facebook

詳細 >>

インフォカテゴリ

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
17件中   1 - 3 件表示 ( 全 6ページ )
1  2  3  4  5  6   

May's frontview Vol.37 「ハンアリ」公演終了致しました!


オリジナル表示
May's frontview Vol.37 「ハンアリ」、無事に終了いたしました!

ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!

おかげさまで、毎回ほぼ満席の状態となりました。
「ハンアリ」楽しんでいただけましたでしょうか?

今作品は、2003年より14年間続いた演劇祭、應典院舞台芸術祭space×dramaの集大成となる『應典院舞台芸術大祭 space×drama ○(わ)』に参加させていただきました。

應典院の皆様、そして space×drama ○実行委員会の皆様、また、物語の核となった「高麗美術館」とのご縁にも感謝しております。

そして最後に、お世話になった客演の皆様、スタッフの皆様にもこの場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました!

Mayの公演は終わりましたが、space×drama ○(わ)は、もう少し続きます!
Micro To Macro 【#11】リトル・ソング 期間:2017年07月14日〜17日
最後のMicro To Macroさんの公演までどうぞお楽しみください。

次回は2017年11月17日()~20日(月)、シアトリカル應典院にて「四神四季」という作品でお目にかかります!
暑い夏を乗り切って、皆様、また元気でお会いしましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

應典院舞台芸術大祭 space×drama〇 参加公演
May's frontview Vol.37 「ハンアリ」
作・演出 金哲義


オリジナル表示

六歳で朝鮮半島から日本に渡ってきたジョムンは、ある日、ひとつの白い壺に魅せられる。
それは遥か昔に故郷の地から日本に渡ってきた壺であり、ジョムンの知らない歴史だった。

以来、ジョムンは海を越えた異国の地で、
ひとつでも多くの[故郷]を手にいれるために血を学び、友を学び、家族を学ぶ。
祖国を失い、故郷を遮られた彼は、やがて京都の片隅に[故郷]を創る事を思い立つ。

時代は流れ、ジョムンと箱庭の[故郷]は脚光を浴びるが、
彼の子供達は、父の現実の姿との間で揺れ続ける。

取り残された追憶の中で子供達は、
ジョムンが残した[故郷]の本当の意味を覗くことになる。


出演
倉畑和之
木場夕子
柴崎辰治
田中志保
中野π子
崔智世
金哲義

上田裕之(イズム)
水谷有希
のたにかな子
石川晃(placebo)
練間沙(劇団冷凍うさぎ)
姜愛淑
ゴン駄々吉(三俣婦人会)

日時
2017年 617日 (土) 19日 (月)

会場
シアトリカル應典院
 543-0076 大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27

■應典院舞台芸術大祭space×drama公式サイト

http://wa.spacedrama.jp/



2017-07-03 14:04:51投稿者 : May
この記事のURL nice!  あしあと

【公演終了!】 May's frontview Vol.36「モノクローム」

★公演終了!ご来場ありがとうございました!★

May『モノクローム』無事終了しました!
年末のお忙しい中足をお運び下さった皆様、作品を力強く支えて下さったスタッフの皆様、
心強い客演の皆様、公演をサポートして下さった皆様、バンドメンバーの皆様、
応援して下さった全ての皆様、本当にありがとうございました!!
皆様のあたたかいご支援、ご尽力に劇団員一同、心より感謝いたします。

May次回本公演は2017年6月第3週、
應典院舞台芸術大祭space×drama◯(わ)参加作品
『ハンアリ(仮)』作・演出 金哲義(会場 シアトリカル應典院)
を予定しております。

また元気な姿でお会いしましょう!ありがとうございました!



May's frontview Vol.36

『モノクローム』
作・演出 金哲義

オリジナル表示

大きな映画館の思い出と小さな映画館の思い出。
今の映画と追憶の映画。
古いフィルムを回す小さな映画館にやってきたミョンホは、昔々、父がエキストラで出演していたと聞く映画を知る。
「確かな事実」は「存在しない追憶」。
そんなある日。若い映写技師が狂わせたほんの6コマの中に「確かな追憶」が姿を覗かせる。
ミョンホは次第に、0.25秒の追憶にのめり込んでいく。

出演: 
柴崎辰治/木場夕子/崔智世田中志保
倉畑和之/中野π子/金正愛/金哲義

石川晃(Placebo)/練間沙(劇団冷凍うさぎ)
上田裕之(イズム)/水谷有希
のたにかな子/条あけみ(あみゅーず・とらいあんぐる)

※出演を予定しておりましたよしえさんは、急病の為降板することとなりました。
代わって条あけみさん(あみゅーず・とらいあんぐる)に出演して頂きました。

ピアノ演奏
松岡沙也加

歌唱
金恵玲(劇団アランサムセ)


「航路に寄せて」「花アリラン」楽曲提供
佐山雅弘

日時: 
2016年 1217日(土)〜1219日(月)

(大阪市天王寺区下寺町1-1-27)


◆corich舞台芸術舞台芸術
May「モノクローム」ページはこちら↓




2016-12-20 23:00:12投稿者 : May
この記事のURL nice!  あしあと

『大大阪舞台博覧会 Vol.2』公演プログラム発表!

2016年2月に開催される『大大阪舞台博覧会 Vol.2』公演プログラムが発表されました!
全24団体が4日間に渡り、短編作品を1回ずつ上演致します。
Mayの公演日は 2016年2月13日(土) 、演目は、新作短編 『黄金バット』 (作演出/金哲義)です。
皆様のご来場、お待ちしております!

◆大大阪舞台博覧会 Vol.2◆ 公演プログラム

2月6日(土)
17:00 MIME+(ミメット)
17:30 劇団ガバメンツ
18:00 モンゴルズシアターカンパニー
18:40 笑の内閣
19:10 少年眼鏡
19:40 劇団子供鉅人

ーーーーーーーーーーーー
2月7日(日)
14:00 無名劇団
14:30 森林浴
15:00 コトリ会議
15:40 南河内番外一ザ・ヤング
16:10 劇団ふぞろいぞろい
16:40 劇団壱劇屋

ーーーーーーーーーーーー
2月13日(土)
17:00 坂口修一
17:30 劇団演りだおれ
18:00 劇団うんこなまず
18:40 かまとと小町
19:10 ドキドキぼーいず
19:40 May

ーーーーーーーーーーーー
2月14日(日)
14:00 オパンポン創造社
14:30 努力クラブ
15:00 おおさかバレット
15:40 MOGURA KAGURA
16:10 N₂
16:40 突劇金魚

ーーーーーーーーーーーー
■料金
1作品… 500円(各作品ごと)
1日通し券… 2,100円

■チケットご予約

【ご予約フォーム】
下記URLよりお申込みください。

【電話予約】
 大阪市立芸術創造館/06-6955-1066
(10:00-22:00受付 12/28-1/4休館)


*公演詳細は大大阪舞台博覧会ホームページをご覧くださいませ。
http://www.artcomplex.net/doh/


※大大阪舞台博覧会では、2016年1月12日(火)~17日(日)の6日間、次世代を担うアーティスト育成のためのワークショップを開講されます(受講料無料)。
スケジュール・内容等は下記URLよりご確認ください。




2015-12-13 20:40:06投稿者 : May
この記事のURL nice!  あしあと
17件中   1 - 3 件表示 ( 全 6ページ )
1  2  3  4  5  6