May_1993

WHAT'S MAY

1993年結成。大阪を拠点に、東京・韓国でも作品を上演。
演劇の他、ライブハウスでのパフォーマンス等の活動も行う。
脚本・演出を座長である金哲義が手がけ、新宿タイニイアリス主催の『アリスフェスティバル』にて、Alice賞を3度受賞。

2011年3月、日本演出者協会主催・若手演出家コンクール2010にて、金哲義が最優秀賞及び観客賞を受賞。
同年9月、應典院舞台芸術祭 space×drama2011にて優秀劇団に選出。

e-mail:
may-1993@abox.so-net.ne.jp

Twitterボタン  

 May Facebookpage

詳細 >>

member

■Member SNS■

May・稽古場日誌

金哲義 : デペイズマンの蜃気楼

Twitterボタン  KIM Facebook

木場夕子 : ゆうじの怒り肩日記

Twitterボタン  Yuji Facebook

田中志保 : 暢気眼鏡

Twitterボタン  Shiho Facebook

柴崎辰治
: B級エレガント

Twitterボタン  Shiba Facebook

倉畑和之 : 6月6日にUFOが・・・

 Kurahata Facebook

宇仁菅綾 :うにっき

Twitterボタン  aya  Facebook

中野π子 :   おマメさんツマメますか?

Twitterボタン  paiko Facebook


名誉顧問 高橋秀夫:
 http://pfman.syncl.jp

Twitterボタン  Hideo Facebook

詳細 >>

インフォカテゴリ

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
75件中   22 - 24 件表示 ( 全 25ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

激団リジョロ&May共通通し券

激団リジョロ&May 夏の連続公演! 
シアターシャイン10周年を飾る東西競演!


May『メラニズム・サラマンダー』の1週前に、同じくシアターシャインでロングラン公演を行う激団リジョロさんとの共通通し券、ご予約受付中です!
5,000円にて激団リジョロ#24『Abend』・May『メラニズム・サラマンダー』の2作品をご覧頂けます。
この機会に是非、東西2劇団の作品をご観劇ください!

【共通通し券ご予約】

◎共通通し券をお申し込みの際、激団リジョロ『Abend』はご来場日時を指定してください。 May『メラニズムサラマンダー』は日時指定無しでお申し込み頂けます。


激団リジョロ#24『Abend』


誰も知らない山の、誰も見た事の無い森の中。男はそこに偶然迷い込んだ。 濃い霧を抜け、人の手に掛かった事の無い木々を少し進むと、並ぶ緑の提灯。 するとそこには山小屋仕立ての古ぼけた宿があり店があり。男はそこに住む 人々に手厚く迎えられる。しかし彼にはそれまでの記憶が一切無かった・・・・

出演■小中文太 金光仁三 こんどうひろこ
斎藤このむ たじり貴史 東浩輝
星野桃子 鈴音ひとみ 前田圭一
保科友花 越智晴香

日時■ 2015/08/15(土) ~ 2015/08/24(月)
15日(土) 18:00
16日(日) 13:00/18:00
17日(月) 19:30
18日(火) 19:30
19日(水) 19:30
20日(木) 19:30
21日(金) 14:00/19:30
22日(土) 13:00/18:00
23日(日) 13:00/18:00
24日(月) 13:00

会場■  阿佐ヶ谷シアターシャイン

【激団リジョロ】

1998年。団長・金光が大阪にて『劇団リジョロ』を旗揚げ。 
コミカルからハードまでさまざまな舞台を展開しつつ、映像、ライブ、果てはバンド活動と裾野を広げながらも着々と準備を進め、満を持して下北沢演劇祭に参加。2007年、『激団リジョロ』へと変貌を遂げる。
「クラウド・エンド」で2009年シアターシャイン下半期演劇奨励賞・優秀作品賞を受賞。
表現者としての在り方を模索し、リアルさと、躍動、心の叫び、激しさ、熱さ、シャウトと爆発と言うハードコア演劇を確立。今、小劇場で飛ぶ鳥を落としては喰らいまくり、リピーター、中毒者が続出の最注目激団!


2015-07-19 16:49:24投稿者 : May
この記事のURL nice!  あしあと

ドキュメンタリー映画『航路ーハンロー』上映のお知らせ

金哲義と劇団タルオルムの金民樹さんを追ったドキュメンタリー映画『航路‐ハンロ‐』、7/4(土)~7/17(金)の2週間、十三・第七藝術劇場での上映が始まります!

May公演『零度の掌』のチケット半券をご持参の方は、前売り料金で映画『航路‐ハンロ‐』をご鑑賞いただけます。
皆様お誘いあわせの上、是非足をお運びくださいませ。


ドキュメンタリー
『航路‐ハンロ‐ 済州、朝鮮、大阪』
イスクラ21企画作品 監督 キム・ジウン

■会場 第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町 1-7-27サンポードシティ6F
TEL:06-6302-2073
阪急電鉄十三駅西改札口より徒歩約5分

■上映スケジュール
7/4(土)~7/10(金) 10:30
7/11(土)~7/17(金) 20:40

※初日は金哲義が簡単な舞台挨拶をさせて頂きます。

■料金
前売/1,300円 【公開初日前日まで販売】
チケットぴあ Pコード:466-241
ローソンチケット Lコード:54785

当日/一般 1,700円/専門・大学生 1,400円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円

◎May『零度の掌』のチケット半券を十三第七藝術劇場にお持ち頂くと、 映画『航路』が前売料金  にてご鑑賞になれます。

お問い合わせ
document_hangro@yahoo.co.jp

 ドキュメンタリー『航路-ハンロ-』facebookページ




2015-07-03 00:53:05投稿者 : May
この記事のURL nice!  あしあと

『零度の掌』大阪公演終了!

公演終了しました!ご来場ありがとうございました!


大阪公演終了致しました。
ご来場頂いた皆様、ご協力頂いた皆様、ありがとうございました!
次回Mayは8/28(金)~30(日)の3日間、阿佐ヶ谷シアターシャインにて新作「メラニズムサラマンダー」(作・演出 金哲義)を上演致します。また元気でお会いできる日を楽しみにしております!


May’s frontview Vol.34  『零度の掌』
作・演出/金哲義


青年は持てるだけの荷物と持てるだけのわずかなお金を手に、20年以上訪れる事のなかった「祖国」と習った地へと渡った。
変わらぬ光景は時の濁流の中で、確かに在った姿を覗かせる。
幼い頃に見た光景、幼い頃に出会った血、
失い続けた人々、そして、初めて出会う小さな掌があった。

出演■
柴崎辰治 木場夕子 田中志保 倉畑和之
宇仁菅綾 崔智世 金哲義

上田裕之 (イズム) のたにかな子
水谷有希 よしえ 石川晃(Placebo)

文悠綺

朴賢志

日時■ 2015年625日(木)〜29日(月)

6月25日(木) 19:00
6月26日(金) 19:00
6月27日(土) 14:00/19:00
6月28日(日) 14:00/19:00
6月29日(月) 15:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。

※上演時間は2時間20分を予定しております。

大阪市天王寺区下寺町1-1-27/06-6771-7641

料金■
【一般】 前売2,500 円 当日2,800 円
【中学生・シニア(65歳以上) 】 
前売・当日共1,500 円
【ペアチケット】 前売4,000 円(2名様・予約のみ)
【リピーター割引 】1,500 円(要チケット半券)


2015-07-01 05:53:07投稿者 : May
この記事のURL nice!  あしあと
75件中   22 - 24 件表示 ( 全 25ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...